Tap to close
   

腱鞘炎について

腱鞘炎について

〒602-8444 京都市上京区(今出川通智恵光院西入)西北小路町223 メサヴェルデ今出川1F電話番号メール予約

腱鞘炎について

 

最近、腱鞘炎になる方が増えてきています。腱鞘炎の症状と原因について簡単にご説明します。

手のひら側に痛みが生じるのは、ほとんどの場合がばね指です。こぶしを握って手を開いたときに、遅れて伸びるような状態になってしまいます。

一番多いのは親指、その次に中指や薬指と続きます。伸ばす側の腱鞘炎もあるのですが、頻度が多いのが親指の付け根に生じるドケルバン病です。

親指を他の指で握った状態で、小指側に手首を曲げると痛みが起きます。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎になる原因の多くは、スマホやパソコンやゲームなどで指を使うことです。

特にスマホは、片手の親指ばかり使う上に夢中になってつい長時間使い続けてしまうので、指を痛めやすくなってしまいます。

このほかには文字をたくさん書く方、ボールを使うスポーツをしている方、ピアノなど楽器を演奏する方も腱鞘炎になりやすいです。

また、更年期以降の女性や妊娠や出産期の女性も指を痛める方が多くなっています。その理由は女性ホルモンのバランスが変化するからです。

腱鞘炎でお悩みの方は当院へご相談ください

腱鞘炎でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 今出川院にお任せください。一人一人に寄り添い、心を込めて施術しております。

腱鞘炎は症状の軽いものから重いものまでさまざまです。私生活に不便を感じた場合や腱鞘炎かも?と心当たりがある方は是非一度、京都中央整骨院にご相談ください。