Tap to close
   

ばね指について

ばね指について

〒602-8444 京都市上京区(今出川通智恵光院西入)西北小路町223 メサヴェルデ今出川1F電話番号メール予約

ばね指について

ばね指の症状と原因についてはスポーツや指を良く使う仕事の人、更年期の女性に多く妊娠出産期の女性にもかかりやすい病気で、使い過ぎによる腱と腱鞘のあいだの摩擦による炎症の事をいいます。

指の曲げ伸ばしに必要な腱や腱鞘が腫れていて、朝に症状が出やすいことが一つの特徴となっています。

朝に指が突っ張るような感覚を覚えた時には早めに整形外科を受診することが大切です。無理をし続けると悪化してしまう恐れがありますので、早めに医師に相談するようにして下さい。

ばね指の原因

女性の場合にはホルモンバランスの乱れが原因の一つとされています。

親指・中指・薬指の順番にかかりやすく、指の曲げ伸ばしのときに手のひらに痛みが走る、指を動かすと指のつけ根がひっかかるような感じがする、指を曲げたら曲がったまま戻らないなどの症状があります。

安静は必要ですが、放っておけばいずれ治るというものではない点には注意して下さい。時には熱を持ち、腫れることもある病気です。

ばね指の治療方法

治療方法は専用の装具をつけて指の可動を制限する「保存療法」と、「手術療法」の2種類が一般的で、主に「保存療法」が選択されます。

炎症が強い場合にはステロイド注射による治療が行われるケースもある事から、治癒には3ヶ月ほどかかる病気です。症状を繰り返してしまう場合には、腱鞘内のしこりや癒着を取り除く「手術療法」を行います。

手術にかかる時間は約15〜20分ほどで、日帰りも可能です。乳幼児や子供に発症することもありますので、手を痛がるようでしたら子供の手指を観察してあげるようして下さい。

ばね指でお悩みの方は当院へご相談ください

 

ばね指でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 今出川院にお任せください。 当院では、どんな痛みでも幅広く対応し相談に乗り、分かりやすく説明しています。

説明を理解してもらった上で患者様お一人お一人にあった施術を行ってまいります。痛みが悪化する前に当院へお越しください。ご来院お待ちしております。