Tap to close
   

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

〒602-8444 京都市上京区(今出川通智恵光院西入)西北小路町223 メサヴェルデ今出川1F電話番号メール予約

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症の症状には腰の痛みや脚の痺れがあります。背筋を伸ばして立っている時や歩いているときなどに、太ももや脚が痛んだり痺れたりすることがあるのが特徴です。

脊柱管狭窄症の具体的な症状と原因

日頃から運動をしていたり筋力が付いていたりする場合や、背骨に負担がかからない姿勢をしている人は、中高年以降であっても起こりにくい傾向にあります。

脊柱管狭窄症の症状

・脳から繋がっている神経が通っている背骨にある脊柱管が狭くなる
加齢によって骨や靭帯が変性することで脊柱管が狭まり、症状が起こるのが特徴です。椎間板が変形したり骨が突出したりすることが原因になることもあります。

・神経が圧迫されることによって痛みやしびれが出る
神経の血流が低下することで起こるのが脊柱管狭窄症の特徴です。

脊柱管狭窄症の原因

・長時間歩くと症状が悪化する
前かがみになったり座ったりしてしばらく休むとまた歩けるようになる場合が多く、この「間欠跛行」と呼ばれている状態が起こるのも脊柱管狭窄症の特徴です。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院へご相談ください

放っておいても物理的な脊柱管の圧迫が自然に改善することはありません。放置してしまうと、神経症状の悪化から足の筋力の低下や、強い痛みしびれで歩行が困難になる場合もあります。脊柱管狭窄症でお悩みなら当院にお任せください。 当院では、どんな痛みでも幅広く対応し相談に乗り、分かりやすく説明しています。

説明を理解してもらった上で患者様お一人お一人にあった施術を行ってまいります。痛みが悪化する前に当院へお越しください。ご来院お待ちしております。